スポンサードリンク

ベトナムファンドTop >  ベトナム 投資信託の選び方 >  投資信託の選び方

投資信託の選び方

ベトナム投資信託(ベトナムファンド)は日本国内でもBRICsに続き、大変人気が高まってきていますが、そうした加熱気味の環境に惑わされて、「儲かりそうだから」と安易にベトナム投資信託(ベトナムファンド)を買ってしまうのは避けましょう。

ベトナム投資信託(ベトナムファンド)を始める前には、ご自分のリスクの許容範囲を考えることが大切です。
ベトナム投資信託(ベトナムファンド)ではクローズドエンド型の途中換金ができないファンドが多いです。
これは流動性が低いというベトナム株式市場の状況がひとつの原因ですが、クローズドエンド型を選ぶ場合にはその資金がはたして長期間寝かせておいても良いかどうかを確認してください。

それから投資におけるリスクとリターンの関係を理解し、そのうえで、ベトナム投資信託(ベトナムファンド)を始めようと思ったら、買おうとしているベトナム投資信託(ベトナムファンド)の目論見書や運用レポートを読んでみましょう。
目論見書は証券会社のホームページ上でも見ることができる場合が多いですし、取り寄せもできます。
過去の運用レポート(月次レポート)もホームページから閲覧できます。
そして書かれている内容について疑問点や不安なことがあれば、証券会社の担当者に問い合わせましょう。


ベトナム 投資信託の選び方

ベトナム投資信託(ベトナムファンド)の選び方について解説します。ベトナム投資信託(ベトナムファンド)を選ぶ際にはどのような点を比較すれば良いでしょうか?

関連エントリー

ベトナムファンドの種類を知る 投資信託の選び方